フィリピンで見た魚達

フィリピン、セブ島のリロアン村に行ったら、
見ておきたい撮っておきたい生物達。

スプリンガーズデムワーゼル
b0158923_219572.jpg

肉眼で見ると普通の青いだけのスズメダイですが、
写真を撮ると青と黒のグラデーションがはっきり見えて、
しかも体にメタリック感があり凄く素敵です。

ポイントのよって見れない所もありますが、
いる場所にはウジャウジャいます。

外国のスズメダイの名前にはデムワーゼル、デモイゼル、ダムゼル、クロミスなど、
色々な呼び方がありますがどれが正式な呼び方なのかよく分かりません・・・

こいつも、スプリンガーズデモイゼルって呼ばれてたりもします。

コンビクトブレニー
b0158923_217398.jpg

ゴンズイそっくりな体をしたお魚で、ブレニーと付くのでブレニー=ギンポとなるので、
ギンポ科と思われがちですがコイツはコンビクトブレニー科と言う独立した科に属するようです。

この写真は幼魚の個体で大人になると全く違った形になるのですが、
僕は残念ながら成魚を見た事はありません。

幼魚は動きもゴンズイそっくりで岩陰などで群れているのですが、
成魚は砂地に穴を掘りその中に隠れてる事が多いみたいです。

ちなみに名前の由来はコンビクト→囚人→縞々の囚人服からきてるみたいですよ。

スパインチークアネモネフィッシュ
b0158923_2192090.jpg

基本的には日本では見る事ができないクマノミの仲間。
昔、伊豆でアイドルになっていた時期もありましたが・・・・

名前の由来はスパイン→針、尖ってる物、 チーク→頬(ほほ)から来ており見たまんまです。

こいつも見ると凄く残念な事を思い出してしまう。

仕事が休みの数日前にあまり見る事が出来ないボロカサゴが出ていたのに、
休みに日に猛烈にスパインチークが撮りたくなって、ボロカサゴはもう少し居てくれるだろうと考え、
スパインチークを撮りに行くと・・・・はい、数日後にはボロカサゴの姿は無くなってました・・・

あの時、ボロカサゴ撮りに行けばよかったと今でも後悔しています。

朝が寒くなってきたので今日から冬物の布団で寝ます。

・・・・・・・お店のHPはコチラから→沖縄県名護市のダイビングサービス「Feel DIVE」・・・・・・・

[PR]