<   2009年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年も残す所あと3日となってしまった本日。
水中で素敵な出会いがありました。

普段はあまり通らないコースを泳いでいたらハワイトラギスがホバリングしてる所を見つけたので、
ゲストに紹介しようと思いそこで待っていたら近くのガレ場に小さな黒い塊を発見。

何か昔に見た事があるような無いような・・・・

気になっていたのですが始めは枯れ木だろうと思い近ずかなかったのですが、
ゲストがチンアナゴに夢中になっていてこっちに来ないので、
暇になってその黒い塊に近寄ってみると・・・消えた!

この瞬間に頭の中で、黒い塊→砂に逃げた→この水深・・・
もしかして近くのダイビングショップの日記にたまに出てきてるあいつ?

そういえば昔、別の場所で見た時もこんな感じだったような気が。

気になってしばらくして見にいって見るとまた黒い塊があったので、
今度はゆっくり近づいてみるとしっかり姿、形が見る事が出来ました。

前フリが長いですが、
もう知ってる方も多いと思いますがコイツです。

                         「ホタテツノハゼ」
b0158923_2016054.jpg


以外な出会いにビックリでした。

そういえば数週間前にはこんなのも見つけましたね。

                        「アカネダルマハゼ」
b0158923_20161079.jpg


何だか最近はついてる見たいです。

写真は両方とも別の場所で撮った証拠写真なので、
今度は気合を入れて撮りにいってみたいです。

ちなみにホタツノの近くにいた「チンアナゴ」の場所は多分ですが、
隊長が大記録を達成した場所です。(笑)

b0158923_20162458.jpg


水中にはダイバーの目にあまり触れられずひっそりと生息してる生物が沢山いるので、
これからも頑張って探していきたいですね。

なだるな勝ち取れ さすれば与えられん。
[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-28 20:18 | Comments(6)
b0158923_2329058.jpg

[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-23 23:29 | Comments(0)
クマノミの学名は・・・アネモネフィッシュ(anemonefish)、
なんて事はダイバーの方はご存知かと思いますが、
花の名前にも「アネモネ」と言うのがあるのを最近知りました。

もしかしたらクマノミの名前の由来は、
真っ赤な花びらのアネモネから来てるのかも知れないですね。

                         「コーンヘッド」
b0158923_1225774.jpg


以外にないアングルで、
見方によってはちょっとミナミギンポっぽく見えます。

ちなみにアネモネの花言葉は・・・「消える希望」・・・です。

花言葉は良い言葉ばかりだと思っていたのでこんな切ない言葉があるなんて驚きです。

b0158923_1231525.jpg


そういえばクマノミの学名にはクラウンフィッシュ(clownfish )なんてのもあり、
名前の由来はカクレクマノミの白い3本線の真ん中が王冠の形をしてるからみたいです。

まぁ国内で見られるクラウンフィッシュはカクレクマノミ1種類だけですが。

                          「どすこい」
b0158923_1232874.jpg


昔、フィリピンのバリカサグ島でローカルガイドが、
頭がトウカアクマノミで体がカクレクマノミの変なクマノミがいると言っていたので見に行ってみると、
なんと世界でも数個体しか確認されてない「ティレズアネモネフィッシュ」でした。

しかも観察されたのはこのバリカサグ島のみ。

このクマノミはその後、数ヶ月はイソギンチャクに住んでるクマノミなので行けば必ず見られてたのですが、
しばらくするといなくいなってしまいました。

世界でも数個体しか観察されてないと言う事はここにいないと言う事は、
もしかしたら絶滅してしまったのかも知れないですね。

花言葉の「消える希望」・・・ぴったりですね。

b0158923_1234815.jpg


                          THE END

            

             アネモネと聞いて思い出すのはクマノミ?花?それとも・・・
[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-22 01:26 | Comments(5)
先程まで映画をみてました。

「アヒルと鴨のコインロッカー」と言うかなりマイナーな映画で、
主演が瑛太で使って車が僕と同じTOYOTAハイラックスサーフLN130。

内容はかなり好き嫌いが分かれそうな内容だったのですが、
その中で使われていた曲がとても格好よかったので紹介です。

ちなみに映画の中では「神」と呼ばれていました。

b0158923_021060.jpg


その曲とはBob Dylanの「Blowing In the Wild」

日本で売り出した時の名前は「風に吹かれて」?なのかは知りませんが、
映画ではそんな名前で呼んでいました。

アーティスト名や曲名は知らなくても誰でも一度は聞いた事がある名曲なはず。

懐かしい感じのカントリーソング良いですね~。
そして映画も良い感じでした。

b0158923_0211185.jpg


ちなみに写真に写ってる車はハイラックスサーフではなく、
北海道でみたランドクルザーのかなり古いモデルです。

これだけー
[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-18 00:22 | Comments(3)
今日は陸ブログです。

皆さんもご存知だとは思いますが、
僕のお仕事は夏場は忙しく冬場になると一気に暇になってしまいます。

そうなると自然と体力が有り余ってる日も多くなるので、
前からやりたかった家の作業をやってみました。

僕の家の周りは今までジャリが敷き詰められていて非常に使いずらかったので、
今回はそこを綺麗にならしてコンクリートで埋める作業です。

作業を始める前の写真は撮り忘れたので、
コンクリートを流す前と後の写真です。

b0158923_23562316.jpg


ちなみに今回使った材料はセメントは9タイ分で、
配合はセメント1、ジャリ3、バラス5と言ったオーソドックスなスタイル。

セメント、9×単価¥480=¥4320

ジャリ、27×単価¥148=¥3996   合計¥14976→税込み¥15725円  

バラス、45×単価¥148=¥6660

作業は土を掘ったり、古いコンクリートを壊したり、枠を作ったり、
コンクリートをこねたり慣らしたりete・・・

正直手がプルプルしてしまうような重労働ばかりですが、
労力をかけた分安くで仕上げる事が出来ました。

これで今までよりも快適にすごせそうです。

b0158923_23545243.jpg


残り物の水中写真。

                           クサハゼ
b0158923_2355658.jpg


                          カスリハゼ
b0158923_23551913.jpg

[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-16 23:57 | Comments(5)
久しぶりの更新です。

今日は久しぶりにカメラを持ってボートダイビングしてきたので、
その時の写真をアップします。

今回は撮ってみたい生物が沢山いたので1個体で粘らず色々と撮ってみました。

ダイコンをちょこちょこ見ながら潜っていたので時間経過と共にどうぞ。

                           アケボノハゼ
b0158923_21384961.jpg


もう一寄りしたかったのですがこの後逃げられてしまいました。

DIVE TIME 00:08分

                         アオスジスズメダイ
b0158923_21391057.jpg


ちょっと深場のスズメダイ。
狙いすぎ。もう少し絞った方が良かったかも?

DIVE TIME 00:15分

                       リングアイジョーッフィシュ(小)
b0158923_21393617.jpg


こいつも寄りきれず引っ込まれた。

DIVE TIME 00:18分

                          マルスズメダイ(中)
b0158923_21401281.jpg


次の写真のハナゴンベを他のチームが撮っていたので待てる間に撮ってみました。

DIVE TIME 00:25分

                           ハナゴンベ(中)
b0158923_21403322.jpg


ずっと撮って見たかった被写体なのでじっくり撮りたかったのですが、
減圧時間の関係で少し撮って終わりです。

ピントはあまいですが狙っていなかったバックの黒抜きが良い感じ。

DIVE TIME 00:30分

                        ヒレナガスズメダイ(幼魚)
b0158923_2141484.jpg


来年の干支「虎」にちなんで撮りたかったので減圧しながら狙ってみました。

DIVE TIME 00:34分

                         シコクスズメダイ(幼魚)
b0158923_21413241.jpg


以外にも予定より早く撮りたかった生物を撮り終わったのでオマケで撮ってみました。

DIVE TIME 00:35分

この後は少しフラフラしたのですが集中して撮れない時間になってきたので、
少し早いですが予備のアンカーを外してエギジット。

DIVE TIME 00:38分

これ!と言った感じの良い写真は無いのですが、
自分としては1ダイブでこれだけの生物が撮れたら満足です。
[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-14 21:44 | Comments(5)
今週は季節はずれの台風のせいで時化た日が続いています。

12月に台風の事を心配しないといけないなんて異常です。
これから地球はどうなってしまうのでしょうか?

なんて事を少しだけ考えたりもしながら、
この季節の時化にはめっぽう強い地味ビーチで潜ってきました。

今回はNEWアイテムの2倍テレコンを使えると言う喜びと、
撮りたい被写体が決まっているプレッシャーから潜りに行く前は少しドキドキ。

そんな今回のダイビングで狙っていた生物は「クシノハカクレエビ」

b0158923_20361913.jpg


見た事ある人なら分かると思うのですがこいつの生息環境は特徴的で、
ザラカイメンに開いている筒状の穴の奥に住んでいるので観察しにくいです。

そして写真を撮った事のある人なら分かると思うのですが、
ストロボ光を上手くあてるのが難しく暗い穴にいるのでピント合わせが大変で、
写真を撮るのがめんどくさい奴です。

                      フォトショップでいじってみた 1
b0158923_20363192.jpg


2倍テレコンが手に入った時から頭の中でイメージは出来ていたのですが、
今回の写真はピントや構図は良いとは言えないが雰囲気はイメージどうりになって良かった。

                    色温度を2300Kまで下げて青白っぽく
b0158923_20365365.jpg


1枚目と色温度以外の設定は変えてないのですが雰囲気がグッと変わります。

撮ってて思ったのですがこいつはアシスタントがいれば、
100mmクラスのレンズだったら結構撮れるかも?

今度は105mmレンズで撮ってみたい。

                      フォトショップでいじってみた 2
b0158923_2037855.jpg


雑誌にたまに載ってるのはこの雰囲気が多いかも?

それにしても2倍テレコンはファインダー内が暗すぎてピント合わせが大変ですね。
水中が明るい水納島なら良いのですが地味ビーチでは慣れるまで苦労しそうです。

ところでこいつ誰かに似てませんか?
[PR]
by kazemakase38 | 2009-12-04 20:43 | Comments(5)