感想文ヘタだわ~

今日の沖縄は一日雨だったので、
お店でウェットスーツの整理&修理。
b0158923_2059150.jpg

今年の冬に数枚ですがニューウェットスーツも買ったので、
春からはお客さんにより快適にすごしてもらう事ができそうです。
b0158923_20592976.jpg

一人でウェットスーツを縫いながらTVをつけていると、
セブパシフィック航空のスチュワーデスの話題がでてました。

僕もフィリピンに行く時に使った航空会社なのですが、
スチュワーデスが機内で踊りながら非常口やライフジャケットの説明するのが有名で、
僕が乗った時も期待してたのですがその日は踊らなかったのでもうやってないのかな?
と、思っていたらTVで言ってましたがサプライズでたまにやるサービスなんですね。

いつか見てみたいな。

ちなみに写真は売り物のサングラスをスチュワーデスが掛けて紹介してる所。
スチュワーデスのサングラス姿ってかなりレアじゃないですか?

完全にフィリピンのノリですね。(笑)
b0158923_20594265.jpg

セブパシフィックの機内で読んでいたのはマリンビレッジから貰ってきたこの本。
世界記録を何度も出しているフリーダイバーのピピン・フェレーラスの事を書いた「ダイブ」

サブタイトルに~水深170mに逝った愛~とある様に、
紹介文では純愛ラブストーリー的な事が書かれてますが、
形は違えど潜る人間としては水中の事が凄く気になりました。

ちなみに主人公のピピンですが時代的には、
フリーダイビングで有名なジャックマイヨールやエンゾの後に出てきた人で、
5年位前まではダイビング雑誌のダイバーズウォッチの広告に出てましたね。

スキンヘッドのゴッツイ顔の白人でK1のマイクベルナルドみたいな雰囲気の人です。

本の内容に戻りますが、この人と言うかまずフリーダイバー自体が凄い。
潜水器具を使わずに5分間位息を停めて100m以上深い水深まで行くなんて、
普段ダイビング器材使って潜ってる自分としては信じられません。

そしてこの本の話が全てノンフィクションなのかは知りませんが、
その中で出てくるフリーダイバーの安全を守る器材を使って潜るセーフティーダイバーが凄すぎます。

フリーダイバーが170m潜ると言ったらセーフティダイバーも同じ水深に行って待機するんですよ。
訓練してるとは言え信じられません。

しかも息を停めて潜っているフリーダイバーよりもこの人達の死亡事故が多いのにもビックリ。

時代が時代ですがスキュバダイバーの目線で見ると驚く事がいっぱいで、
一般ダイバーが器材をつけて潜っていい最大深度は80mとか言ってるし。
PADIでファンダイバーに推奨している最大震度の35mをはるかに超えてますよ。

そしてこの本で一番驚いたのがピピンが挑戦したワンブレスダイブ←名前間違ってたらスイマセン。

ワンブレス=一呼吸ですが、
なんとフリーダイビングで水中に潜り水深75mでタンクの空気を吸ってさらに150mまで潜り、
リフトバックを使って水面まで急浮上ると言う事をやったのです。

ダイバーの皆さんは信じられますか?
たかが一呼吸ですが75mで圧縮空気を吸ってそのまま急浮上するなんてクレイジーすぎます。

まぁ、その時は体になんの変化もなかったみたいですが、
こんな事やる人や、そして成功する人もいるんですね。

潜水医学については現在でもはっきりと分からない事が多いですが、
凄く浅い1~5mのダイビングで減圧症になる人もいれば、
こんな事して平気な人もいるんですね。

でも、ファンダイバーの皆さんは長くダイビングを楽しむ為に、
安全第一で潜りを楽しんで下さい。

普段、日本にいる時は全く小説を読まない僕ですが、
この本はすら~と読めて内容も良かったので皆さん呼んでみて下さいね。

特にダイバーは恋愛よりも他の所でツッコミたくなる事や、
へぇ~と思う事が多くて楽しめると思いますよ。

まぁ、一番のツッコミ所はクライマックスなんですけどね。

そんな事で・・・

・・・・・・・お店のHPはコチラから→沖縄県名護市のダイビングサービス「Feel DIVE」・・・・・・・

[PR]